読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガは卒業できません!

読んだものや見たものの感想など。

「未確認で進行形7」読みました。

f:id:atui_otya:20160330235450j:plain

未確認で進行形7

著:荒井チェリー

 

感想だったり。

 

相変わらずー小紅がかわいい!そこ大事です。

アニメを見て、OPの可愛さにやられ一気に購入してしまった人間です。あのOPにやられた人多いのではないでしょうか。

アニメ見る前は、男の子が白夜一人なもんでハーレム系?なんて思っていたのですが、そんなことなかった!小紅を中心として可愛い女の子たちが出てくる漫画だった!

とにかく小紅のかわいいポイントは、姉に対しては敬語使うのに友人とかには「どうしたんだ?」みたいな語尾が男の子っぽいというか、女の子みたいな柔らかい感じではないという見た目とのギャップ!

7巻あんまり関係ないですね。

 

今回はデート篇から。

「許嫁」という関係からスタートしたものだから、白夜の気持ちがどうなのかと悩んだり、それなら自分の気持ちはどこにあるかはっきりさせなきゃと焦ったり。白夜のマイペースさにせかされないからと安堵しつつも、真面目なもんだからそれじゃいけないとと自分に言い聞かせたり。けっこう濃いめの人たちに囲まれてるので自分のペースを保つの大変そうです。

 

あとは真白の紅緒に対しての押してダメなら引いてみろ作戦(?)が面白かった。いつもと違った接し方に紅緒が逆に受け入れられずにおろおろする姿が新鮮でした。

 

デートが終わってからはきちんと自分の言葉にしたり気持ちを整理して、二人の関係が今度はきちんと自分達の意思でスタートしました。

それにしても変化した姿今回も出ませんでしたね。もしかしてずっと出ないのかな。それはそれでいいかもしれない。

白夜と真白のお父さんとか、まだまだ謎が多いですね。

 

作者さんの別の作品「三者三葉」もアニメ化するようでそちらも気になってます。

広告を非表示にする