読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガは卒業できません!

読んだものや見たものの感想など。

「魔法使いの嫁5」読みました。

f:id:atui_otya:20160317230624j:plain

魔法使いの嫁5

著:ヤマザキコレ

 

 買っちゃいました。

ドラマCD付き限定版。

買いに行く前に、6・7・8巻に特装版付属で同梱販売されることになったというアニメーションのPV見てしまって、なんだかテンションが上がって気づけば本屋二軒回って限定盤を探していたという。

勢いって怖い(笑)

しかしまぁ想定外の出費ではあるので、かなりの痛手。

もともと今月発売する小説だったりを来月に回そうと思っていたのですがだいぶずれ込みます。

 

まぁそんな個人的なことよりもいつもの 感想だったり。

 

今回は前回の続きから、リャナン・シーとジョエルさんのお話。

販売当初、人外×少女というキャッチフレーズに惹かれて購入しましたが、「人ならざる者×人間」といった種族違いの組み合わせと触れ合う巻でもあります。

そんな二人を見てチセが初めてわがままを言います。

わがままって言ったってそれは他の人のためであって、自分のためではないのですが。

それでも、リャナン・シーにまでわがままって言われてしまいますね。

でもそれは、吸血鬼リャナン・シーであることと1人のリャナン・シーという個である事を別物だと考えないためなので、知世はどちらの言葉も受け入れています。

ジョエルさんは幸せになれたのだから、リャナン・シーにも幸せになってほしいな。

 

お次はもう一組の人ならざる者×人間のシャナハンとシャノン。

ちょっと人間ではなくなったりしてますが、けっこう好きな組み合わせとの出会い。

それから銀の君ことシルキーちゃんのお話もありました。

可愛い。

 

ドラマCDのお話も素敵でした。

マンガでもあまり出ませんが、チセのお母さんって何者だったんでしょう?

アニメも見たいですが、はたして私は特装版を入手できるのか。

広告を非表示にする