読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガは卒業できません!

読んだものや見たものの感想など。

「狼陛下の花嫁14」読みました。

漫画

 

  • f:id:atui_otya:20160315154308j:plain

狼陛下の花嫁14

著:可歌まと

 

いつも通りの感想。

 

第二部始まりました狼陛下!

主人公ズのイチャイチャが止まらない。

赤髪の白雪姫なんかもそうなんですけど、「花とゆめ」作品の

主人公カップルはこの人達ならではの、ちょうどいい距離なんですよね。

読んでいて安心するというか、公式でだけで十分!みたいな。

マンガなんか読んでいると、こんなことあったらどんな反応するかなー

とかけっこう妄想したりします。

けど、ほんと花ゆめ作品はそんな事無いんですよね。

妄想が入る余地がない、みたいな感じです。

 

今回いがいとこの人達面白いなーと思ったのは、

水月&紅珠の氾家兄妹と方淵の組み合わせ。

紅珠と方淵って夕鈴に対する態度が真逆なので、

合わないんじゃないかな~なんて思っていたんですが、

意外と相性よさそう(?)。

と、言うより氾家兄妹のツッコミ役としての今後の活躍が期待できそうです。

 

そして今回新キャラの登場。

今まで、なんだかんだヒロイン真っ向からのライバルになる女の子

が出てこなかったので、新鮮です。

 

少女マンガってよくありますよね。

ヒーロー&ヒロイン両方にライバルポジションのキャラが出てくるの。

王道も邪道も面白ければどんと来い!なので新キャラ朱音ちゃんの今後が気になります。

 

それにしても夕鈴は「真っ向から突進していくタイプ」

というのが本当にしっくりきます。

前回までの事件で一連の影の首謀者として出ていた蘭瑶に「お願いごと」

をするところなんて中々できることじゃない。

どこにいても、何事にも染まらないヒロイン本当にかっこいいですよ!

 

広告を非表示にする